かんそうき

好きなもの:テニミュ

2018年2月まとめ

◆舞台「おおきく振りかぶって

桐青戦まで。脚本・演出含めキャラメルボックスの方が多く関わっていらっしゃっていて、おお振りの柔らかな雰囲気とよく合っていた気がしました。桐青バッテリーの芝居がすっごく良かった。「花井君の最後のバックホームすごかったです」という台詞があったけれども、その肝心のバックホームに大ゴマの決め技感をあまり感じられなかったのは少し残念でした。

 

◆WINNER JAPAN TOUR 2018- We'll always be young-

KPOPを好きになったタイミングでWINNERが3年ぶりに日本ツアーしてくれて良かったー!そしてチケット取れて良かった!登場からかっこよかったのとthe doorが聞けるとは思わなかったので嬉しかったです。MCも台本はあるだろうけどすべて日本語で通訳さんなしで進行しているのは純粋にすごい。

 

ミューコミ+presents ボーイズ・バレンタイン

JBJを見に。MCはもちろん健太くんが中心だったけどノテヒョンがすごくサポートしてくれるのがリーダーだったし、ダンスもやっぱりすごいというかすごく正確無比だと感じました。

あと、なんとなく客席がカオスだなぁと感じました。

 

◆てらりすとリリースライブ

こんな優しい整理番号の並び方を初めて経験しました…。 全体が優しくて安心感に包まれました。ライブ自体は多くは舞台映像を見ながらエツ子さんの生歌唱を聞くという感じでめちゃくちゃ贅沢でした。

 

テニミュ3rdシーズン青学VS比嘉

現青学最後の公演でした。現青学は全が強いというかすごくバランスが整っている代だなと思っています。青学曲の声がそろった時のスコーンと爽やかに突き抜ける感じが心地よいです。

VS比嘉中は私の中では「手塚の話」だと思っていたんですが、ここまで菊丸の心情を考えたのは初めてで、全ては永田君のお芝居のおかげだなと考えてます。

ライバル校の中では特にヒール感の強い比嘉中ですが、今回の試合後の日替わりでこの子達も中学生で今回は負けてしまったけれど前を向いているし仲良しな感じが伝わってきてすごくほんわかしました。

やっぱりテニミュって最高に楽しい!

 

 

広告を非表示にする

2018年1月まとめ

 

◆ユソノ1stファンミーティングinJAPAN「SONHO's TIME」

スタイリングも足の長さも総じて大人っぽいのに、挙動が子供っぽいというか15歳のユソノのファンミーテイングでした。フリースローゲームでなかなか成功しなくて「ちゃんと成功してみなさんにプレゼントしたかった(成功回数によって客席にプレゼント数が決まる)です」と本気で悔しがっていたのがとても可愛かった…。

ミニョンさんとのプデュの頃の約束をお話ししてくれたり、ダンスタイムやお歌タイムで色々プデュの曲を披露してくれたのも嬉しかったです。

 

ハロコンFull Score

冬はインフルが蔓延するから本当に怖いです。ぱらぱらとお休みが出てしまいますが、土壇場でメンバー内で補い合えるのが本当にすごいです。

Juice=Juiceの植村あかりちゃんがいつのまにかとても綺麗なお姉さんになっていて植村あかりさんだった…。 

 

◆あゆみんBDイベント

ミニモニ。が非常に可愛すぎて、満ち足りてしまった…。運動会でパン食い競争をされていたんですが、食パンをきちんと口で挟みながら走るあゆみちゃんのなんとも古き良き少女マンガ感がとても良かったです。

「石田さんは素直。ピュア過ぎる」と小田ちゃんにも言われていましたが、笑う時も怒る時も泣く時も全力全開なあゆみちゃんを見ているとしばしばハラハラする時もありますが、反転して羨ましいというかキラキラしていてとても好きです。

 

◆TENTH

YGCB回でした。クリエ10周年のお祭りとのことでしたがその通り、いいとこどりしたみたいなお祭りでした。

あまりグランドミュージカルに足が延びないので、今年は少しずつ足を延ばせればいいなあと思います。ブラッドブラザーズ組の歌が可愛くて切なくてストーリー的にも気になったので機会があれば、日本上演があれば観てみたいです。

 

◆滅びの国

 自分自身がここでしか存在できないと思っていた世界を自ら壊すことってめちゃめちゃ恐ろしくて勇気がいるけれど、形は変わるけれどなにかしら幸せの形は残るのかな、と思いました。

あまり猥雑なものを見るのが苦手なので、無になってしまうところもありました。

 

◆涼星祭

 お祝いコメントでテニミュメンバーからコメントが来ていましたが、それを見た隼くんが「みんな知ってる奴だから俺までプレゼント貰ったみたいだ」って言っていたのがなんかとっても良かった…。

広告を非表示にする

2017年12月まとめ

幕末Rock雷舞

凄まじい爆音と聞いて恐る恐るライブ用の耳栓を持って行きましたが、それで正解だったぐらいアイアが壊れるんじゃないかと思うような爆音でした。

 

◆どぅーソロイベ

 12月にモーニング娘。を卒業した工藤遥ちゃんの現役最後のソロイベントでした。「歌いたい曲集めていたら可愛い曲ばかりになっちゃった」と言っていた通り、可愛い曲ばかりで、見納めといわんばかりに「アイドル工藤遥」をたっくさん見せてくれたイベントでした。特撮ご出演おめでとうございます!

 

テニミュ3rd「青学VS比嘉」

リョーマを除く現青学の最終公演となりました。今までは比嘉公演は全国大会の始まりの公演で新青学のお披露目公演でもあり『新鮮さ』がつまっていましたが、今回は成熟したような印象でした。しかしベンチの形状に変化があったり、まだ新しい何かを探っているようでやっぱりテニミュは楽しいです。

本当に永田くんの菊丸のお芝居が素晴らしくて、ぼっろぼろに泣いてしまう。

 

 

広告を非表示にする

2017年11月まとめ

◆TEAM LIVE青学

面白かった!トークも硬さがなくて、(特に加藤将くんが)フリーダムで良かったです。トークショーが主だったけど、芝居の間に上手く組み込まれていてそれも良かった。

TEAM LIVE六角は体調崩していけなくなってしまったのが本当に後悔…。

 

◆Mnet Asian Music Awards

横浜アリーナで見てきました。基本的にずっとステージの一部に設けられたソファーブースに腰かけているというハロコンスタイルで、曲にノッているところも談笑しているところも見ていられるのがとても有難かった。

基本的に舞台俳優のファンなので現場にすぐ行ってしまうのですが、それがK-popド新規だと手順もなにも分からなくて、ようやっと好きなグループのパフォーマンスをこの目で見ることができて本当に嬉しかったです。

広告を非表示にする

2017年10月まとめ

テニミュ『青学VS立海

千穐楽おめでとうございます。

今回あんまり観劇できなかったのですが、テニミュはいつ観ても安心感と新鮮さに溢れている気がします。

 

 

新谷良子LIVE TOUR2017 chu→lip☆DAYDREAM

zepp divercityの最終公演に参加してきました。2年ぶりのLIVE開催でとても楽しみにしていました。その期待を裏切らないぐらい本当に楽しくてはっぴぃはっぴぃすまいるでした。石川公演で大好評だった「君のもとへ」の弾き語りもやってくれて、りょーこちゃんがすごい真剣な眼差しでピアノを弾いているのをPBBメンバーがすごく温かく見守っていていたのがなんだかとてもほくほくしました。

 

◆柿喰う客「極楽地獄」

永島さんの歯切れがよいのにとてつもない早口のセリフ回しで中屋敷さんのリズミカルなセリフを冒頭から浴びせられて、勝ったと思いました。何に対しての勝利かというと休日に家の中で怠惰に安眠をむさぼろうかと思っていた自分にだと思う。

それぐらい見に行って良かった。今の私にとっては感性的に悪い意味で心に刺さってしまう言葉もあって、それも含めて演劇なのかなと帰り道にふと思いました。

開演前に客席でTシャツを手売りしていた葉丸さんが非常に可愛かったです。

広告を非表示にする

2017年9月まとめ

◆セラミュ

初めましてでした。面白かった!ヒーローショーだった!ギャラクシアさんの登場の時の圧といい歌唱力と言い悪役という説得力が強くて最高でした。美奈子ちゃんの「心に決めた人がいる」という台詞になんだか号泣しました。

セーラーコスモスとして前回セーラームーン役の大久保さんが登場されていました。テニミュのオタクとしては羨ましいぐらいの登場の仕方だった…。

 

モーニング娘。'17 秋ツアー~We are  MORNING MUSUME。~

今年が20周年イヤーということで、結成当時の曲から最新曲まで様々な曲が披露されてました。セットリストが多分ものすごいパターンがある感じがして、凄まじいと思う。

最初の衣装でマントをバサッと翻すあゆみちゃんがめちゃくちゃかっこよくて、階段の登り方もセクシーでかっこよかったんですけど、弩級のゴーサインとか明るい曲だと満面笑顔で跳ねるようでとっても可愛かったです。

ふくちゃんが「(20周年なのでファンからおめでとうと言われるけれど)おめでとうといっていいのかありがとうと言っていいのか分からない」というようなお話をされていて、それはファンである私も「20周年おめでとう」なんだけど、ずっと居てくれて「ありがとう」だなぁと思いました。

 

◆K-CONオーストラリアLV

M-netさんでも後日ダイジェスト放送してくださいましたが、一番見たかったWANNA  BEはダイジェストになかったので、LVを見ていて良かった!今年のK-CONもこれで終わりなのが寂しいですが、来年のK-CONは是非どこか見に行きたいです。

 

広告を非表示にする

8月まとめ

◆K-CON LA ライブビューイング

ディレイ上映で拝見したんですが、満席でびっくりしました。リアルタイムでは無料のストリーミング配信も行われており、こちらはほぼ全景固定カメラでした表情などは見られませんでしたが、映画館での有料配信はまた違ったカメラワークで改めて見ても面白かったです。

それにしても客席のお客さんをモザイクなしで映す時間が長すぎて、どうゆう需要なんだろう…。

 

四月は君の嘘

土曜しか行けなかったので土曜に行ってきました。確認したうえでチケットを購入しましたがよさこい回でした。通常のアナウンス放送に加えて制作の方から別途説明があり、序盤30分ほど低音がずっと鳴り響いている感じで、長く聞いていると気が散るというよりも三半規管が弱い方は気分が悪くなるかもしれません。

2次元上で「暴力的だけど魅力的な女の子」と表現されている子を3次元で魅力的にみせるのってすごい難しいなぁと思いました。すごいリアルにすると暴力的にしか見えなくて、しかしながらアクションや言い回しがフィクションに寄り過ぎると感情の流れが立ち止まってしまうような感じがしました。

演奏シーンは生演奏で、演奏者さんも流れに沿った演技を少ししていたり、役者の手の動きに合わせて演奏されていたりして、やはり生演奏は素晴らしかったです。あと、薄い膜の上に書かれた五線譜の上を光の音符が流れていくのがすごく綺麗でした。

 

広告を非表示にする