読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそうき

好きなもの:テニミュ

TEAM LIVE SEIGAKU 6/13昼

テニミュ レポ

日替わり。

  

◆開会後一言

桃城「お前らハートは燃えてるかー?」

客席「いえーい!」

桃城「もう一回!燃えてるかー?」
客席「いえーい!」
桃城「よーし最後まで盛り上がってけよー!」
 
◆㊙データ
・河村(何を持ったらバーニングに?)
乾「バーニング状態の河村だ。何を持ったらバーニング状態になるのか調べさせてもらった。」
≪校旗を持つ河村≫
菊丸「おっこれもバーニング状態になるんだね~」
≪マイクを持つ河村≫
乾「雄たけびをあげているようだな」
桃城「持ち手が丸いからっいいんすかね!」
≪しゃもじを持つ河村≫
桃城「なんか悲しそうっすね」
大石「しゃもじでバーニングしてたら、毎日大変だもんな!」
≪ねぎを持つ河村≫
乾「ねぎは駄目だったか」
河村「この後、手がねぎ臭かったよ」
 
・菊丸(何か書いている菊丸)
≪教室の机の上で何か書いている菊丸≫
大石「何か書いてるのか?」
不二「勉強?」
菊丸「そうそう勉強!」
大石「偉いな英二!」
乾「近づいて見た」
≪カメラに気づき、驚きの表情とともに机の上を隠す菊丸≫
乾「気づかれた」
菊丸「だってこーやって(カメラ構えた状態で)くるからそりゃ気付くよ!」
乾「なんで隠してるんだ?」
菊丸「(話を聞かないそぶりで、不二に)爪がね…そう爪が…」
≪今度は教壇の下で何かを書く菊丸≫
乾「場所変えたのか。それでも隠してるな」
菊丸「だってこーやってくるんだよ!?」
≪今度は廊下で何かを書く菊丸≫
乾「また何か書いてるな、石という字が見えるぞ。菊丸が書いていたものを集めて見た」
菊丸「えっ」
≪大石の靴下やノート。いずれも名前に点が1つ追加されている≫
乾「犬石に太石…、落書きしてたのか」
大石「まさか!英二!」
おもむろに靴を脱ぐ大石。その靴下にも『犬石』と書かれている。
大石「英二~」
菊丸「今気付いたの!?遅いよー」
 
・海堂(笑顔にさせるもの)
写真は10日と同じ。
乾「これは何を読んでいるんだ?」
海堂「『月刊マッスル』っす!」と言っていました。
 
◆ダブルス:大石
大石「越前ありがとう!越前のおかげで一つ気付いたことがあるんだ」
大石の背後で座った眼で大石を見ている菊丸。
リョーマ「なんすか」
大石「俺がダブルスを組みたいのは(突然くるっと回れ右をして)英二だってこと!」
菊丸「お、おぉ!…ビックリしたよ~」
大石「ビックリしたか!(´▽`) '`,、'`,、 」
突然振られた形になり、釈然としない表情のリョーマ
 
◆アンケート
悩みを相談したい人は?
第3位 河村
河村「えっ!」
理由は≪優しく聞いて包んでくれそうだから≫
桃城「包容力ってことっすね、タカさん!」
河村「…」
突然黙ってしまい、不二と菊丸が大丈夫?と言わんばかりに近づく。
河村「おぉ!言葉を失うほど嬉しいよ!」
第2位 手塚
手塚「しっかりと最後まで悩みを聞こう…。誰にでも悩みはある。そして俺にも悩みはある。大石、いつもありがとう」
大石「手塚ぁ!(目頭を押さえる大石)」
第1位 大石
大石「そうか!そうか!ありがとう!よしじゃあ誰か悩みを聞こうじゃないか!」
おずおずと前に出る桃城。
桃城「東京でですね、俺一回もランキングされなくて…」
チャイムが鳴り、中断される。
大石「後でな!」
 
ギャップにキュンとするメンバーは?
第3位 不二
不二「あっちょっとSっぽいところかな!?ほらこう…」
となぜか隣の河村をラケットで突く不二。
第2位 菊丸
菊丸「えっこうやって(ポケーッと)聞いちゃったよ。えっどんなとこどんなとこ?」
理由は≪いざという時は男らしいところ≫
菊丸「よーし!いざという時はやっちゃうよー俺!」
第1位 海堂
海堂「ギャップってなんだよ!」
桃城「さっきのだろ?」
海堂「その話はするな!」
乾「…海堂、さっき見せてない、とっておきの写真があるんだ」
海堂「!?」
乾「こちらだ、ドン!」
全員一斉に後ろを向くが、とくに画面は切り替わらない。
乾「…冗談だ」
 
◆質問
Q1.今日見たレギュラーの行動
菊丸「俺、乾~。なんかー、さっきこう両手あげてなんか踊ってるな、と思ったら㊙データの終わりジングルの練習だった」
乾「それは…黙っていてくれないか。俺は手塚だな。こうピッとやっていた」
手塚「…釣りの練習だ」
 
Q2.ダブルス組むなら?
桃城「俺、菊丸先輩っすかね!」
菊丸「えっなんでなんで!?」
桃城「やっぱアクロバティックとかすごいじゃないっすか!」
菊丸「ありがと!俺大石!」
大石「英二!」
桃城「…なんか振られた気分っす」
河村「俺、桃かなぁ…」
桃城「えっ!なんで?なんでっすか!?」
河村「理由は特に…」
桃城「…なんか2度振られた気分っす」
乾「俺は不二だな」
不二「どうして?」
乾「こう後ろでデータを取りたい」
菊丸「ダブルスしないのかよ」
乾「ダブルスしつつ、な」
 
◆その他
アンコール前挨拶。
古田「最近雨が多いですね。…あ、梅雨入りしましたもんね」
客席「(まばらな音量で)そーですね!」
古田「おぉっ!?でも、今日晴れたじゃないですか!」
客席「(大音量で)そーですね!」
古田「おぉっ!えっこれどーすればいいんだ!!??…皆さんの熱気で、雲もどっか行ったんだと思うんです。あと3公演も雲もどっか行くような熱気が出るくらい頑張りますので、応援よろしくお願いします!」
 
アンコール後挨拶。
古田「この後『完全お見送り』をさせて頂きます。僕らも全力でお見送りさせていただくので、皆さんも良かったら全力でお見送られてください!」
 
はけ際:乾
「みんなのデータを取らせてもらおう。待ってるぞ」
広告を非表示にする