かんそうき

好きなもの:テニミュ

2019年3月まとめ

■かくも碧き海。風の様に

難しかった!三津谷さん戦後を題材とした舞台に出演されるが多いのですが、戦中が題材ともなるとまた違った難しさがあった。

下手前方からだとピアノを弾いている時の表情が非常に見やすくてよかった。

 

◆ひなフェス2019~20th Anniversary~

お友達に取ってもらった席が、ここら辺だったらいいなぁ~って軽く思っていたまさしくそこら辺の席だったので、本当に感謝してます。

冒頭にW(ダブルユー)が「ロボキッス」を歌ってて、本当に冒頭の冒頭で、「辻加護がいる!!??」ってなったし、年月というものはいろいろなものを溶かして柔らかくしてくれるんだなぁって感じた。「I wish」の歌詞も今日の日の為にあるかのような歌詞だった。
モーニング娘。'19の選曲も「青春Night」「摩天楼ショー」「I surrender 愛されど愛」なの新曲・盛り上げ曲でめちゃめちゃ良かった。
小田ちゃんが昔自分はリズムが良くないみたいな話をしてたけど、今回のラップパートのビビッドさが最高だった。
「I surrender 愛されど愛」の間奏明けの「愛は残酷」っていうまーちゃんの歌い方がすごく好き。

でも今回は本当やっぱり何よりも、「Only you」で鞘師の顔がアップで映った瞬間に、何もかも忘れてテンションがぶちあがってしまったし、私がモーニング娘。にはまるきっかけだったのが9~11期のおかげなので、その6人での「Only you」~「one two three」はまた違った世界線では在り得た未来なのかもしれないと思うとひたすらに心を焦がされた。鞘師が卒業してからの3年3か月、それぞれ別の場所で磨き上げたものが再び重なり合い融合しあったあの2曲がただただ好きだと思った。
ガキさんと12~14期の「気まぐれプリンセス」もすごく良かった。ガキさんは相変わらずめちゃめちゃ煽ってくれて、自身の在籍期間と重ならない後輩たちを引っ張って自己主張をせずに背中を見せてくれていた。その中で食らいつこう・自分を見せようという気概が牧野真莉愛ちゃんの中に垣間見えて、すごく頼もしくとても美しかった。

今の多くのハロメンが鞘師に対して「憧れ」と言葉にするけれど、共闘していた者として、少しの嬉しさと悔しさを滲ませながら「今の私はここにいます」と言葉にする石田亜佑美ちゃんの凛した強さと美しさが本当に好きだよ。

私がはまった頃のモーニング娘。の声はれいなと鞘師のイメージで、いつの間にか鞘師と小田ちゃんのイメージになっていて、今は小田ちゃんとふくちゃんの声がモーニング娘。の歌の声だと思っている。
その中で最近は野中ちゃんの声もじわじわと目立つようになっていって、また1年後には新メンバーも加わってグループの声の印象が変わっているかもしれない。

'19もやっぱめちゃめちゃかっこいいから、今ステージの上にいるモーニング娘。がすごく好きだ


【ハロ!ステ#283】Hello! Project ひなフェス 2019 特集!アンジュルム新曲LIVE、20周年企画ゲストLIVE! MC:岸本ゆめの&小関舞