読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそうき

好きなもの:テニミュ

Dream Live 2016 感想

感想 テニミュ
今更の感想ですが、テニミュ3rdシーズン初となるドリライ、「Dream Live2016」に大阪•横浜と参加してきました。
 

 今回、3rdシーズン初のドリライであり、現青学としては最初で最後のドリライ、また現青学と3rdシーズンの立ち上げから共に戦ってきた不動峰、そして聖ルドルフ、山吹から亜久津が一旦「卒業」という形となる節目の公演でした。

 
なんかもうひたすらに楽しかった!
私は観劇やライブ後に気分が高揚してお酒飲みたくなるのは年に1・2度あるかないかぐらいですが、今回は初日参加後に「楽しかった!ビール飲みたい!!!」となり、ついビールを飲みました。
3rdシーズンでの新曲がほぼ*1披露されており、加えてライバル校3校は2ndシーズンで歌われていた校歌も歌っていたり。
開演前にトリオが登場して注意事項を教えてくれます。それに対して「はーい」と返事をする客席。段々その声が大きくなるので、トリオもその声を待ってから説明してくれるようになりました。今回トリオの曲がなかったのはやっぱり少し寂しかった…。
「間もなく開演でーす!」とトリオがはけるとすぐに暗転し、開演。オープニング曲はまさかの新曲で、王子様たちが「夢の世界へさぁおいで」と手を差し伸べてくれます。
 
 〈俺の名前は不二裕太!〉で「裕太ー!」と名前を呼ぶことができたのもとても楽しかったです。「俺のバックには何も頼るものなどないんだ」と裕太は歌いますが、すぐにその後ろからチームメイトが登場して「裕太!」と呼んでくれます。その姿を裕太が完全に後ろを向いて聞いてるのもなんだかじんわりしました。
 〈漆黒の地味'S〉も格好良かった!辻君の美声に迫力が増してるし、衣装もダンスも雰囲気も格好良くて地味'Sはとてもズルイ…!〈YOU&ME〉では、黄金ペア以外のダブルスも日替わりで登場しますが、本公演中にはなかったリョーマ・桃城ペアも登場しました。振付がそれぞれのペアの個性がありましたが、リョーマ•桃城ペアは〈やっぱ男はダブルスでしょう!〉の雰囲気の振付けでした。「よく決めるぜポイント」のリョーマくんの振りがとっても可愛かった…!
 
個人的にはなんと言っても、「勇気VS意地~青学の柱」です。リョーマと亜久津の試合中にストップモーションになり、タカさんが亜久津を制止し、瞬間に場面転換され、手塚の鋭いスマッシュに膝をつくリョーマ、静寂の中手塚の「お前は青学の柱になれ」という台詞。静寂の中、客席も誰も名前を呼ぶ等の声を上げずに、息をのんで手塚の台詞を待っているようでした。ライティングもとてもシンプルで全てがとても美しかったです。横浜の楽日は収録日だったためか、スクリーンには中央の固定カメラの映像が映っていて、キャラクターの配置と構図がこれがまた一枚の絵画のように美しかった…!
 
 **
そして今回なんと言っても、キャラクターとキャストの棲み分けが徹底されていて凄かったです!
トークコーナーにおいて森山さんがMCとして登壇され、ランダムで選ばれたお客さん1人の好きなキャラクターを1人誰でも登場させてくれる、というコーナーがありました。 
その中の大阪公演では
森山さん「誰が好きなの?」
お客さん「とのくん!(※新渡米役の登野城君のこと)」
森山さん「とのね!…ってそうじゃなくて、『誰』が好きなの?俺もとので反応しちゃったけど!」
というやりとりがありましたが、キャスト名で回答されたものをきちんと否定した上でキャラクターに換言されるように徹底されていました。その後の質問も「ユニバで好きな乗り物は?」というリアルと世界観が混ざるような質問でしたが、それに対しても「う~ん、これ(頭のはっぱを指さす)でしょ?(頭の葉っぱが危ないから)静かな乗り物かなぁ」と、キャラクター上で答えるというやりとりでした。
しかも「裏で誰が呼ばれるかみんなドキドキしてる」と森山さんが言っていたように完全アドリブ仕様で、誰が呼ばれるか・どんな質問をされるかも一発勝負というすごいものでした。
また、森山さんが楽屋で隠し撮りをした「鏡前」写真がありますが、これを紹介するときも「○○(キャラクター名)の鏡前」という説明の仕方で、「キャラクターが客前に出る為にメイクをしている(≠キャストがキャラクターになる為メイクをしている)」という印象でした。唯一写真として登場したのはカツオ(坊主頭のため、眉コームで髪を梳いているところ)ですが、衣装は着用したままで衣装を着用していない姿やカツラをかぶっていない姿は出てきません。
 
横浜公演の初日に2ndシーズンのOBキャストがゲストとして登壇し、その際にキャラクター姿の現キャスト3人も登壇しました。最初はキャラクターとして登場しOBキャストに対してもキャラクターとして対応していましたが、2ndシーズン6代目手塚役の和田さんが「(みんなと)話したいんだけど~」という声に対して「いいのかな…?」と舞台袖を確認してからキャラクターをオフにして話していたのも、徹底しているなぁと感じました。
また、〈ニュー・ウェーブ〉の後に、各校から1人ずつ、古田くんから指名されて挨拶をする場面がありましたが、この時も古田くんから「では、桃城くんお願いします」というようにキャラクター名+くんで指名されます。「桃先輩」ではなく「桃城くん」だったのが、リョーマの座長としての立ち位置からの呼び方のようでした。最後の締めの挨拶に必ず手塚を指名しますが、その際には「手塚部長、お願いします」と呼んでいたのは、何の違いなんでしょう。
挨拶の内容としては、キャラクター寄りというよりも本人寄りな感じでしたが、「○○役の●●です」という説明はせずに挨拶を始めていました。しかし卒業挨拶の際だけは、「○○役●●!」と自らの口で発します。それはまるで役から解き放たれる為の儀式のようでした。
 
 
◆座席とか会場の話 
1階9列最下手(当日券・サイドシート)、3階1列(着席)、3階7列(サイドシート)でした。
オリックス劇場では「2階・3階の最前列の方は手すりが低くなっておりますのでご着席ください」というアナウンスでした。
3階席は強制着席の最前列含め、出島が見えにくい・見えない状況でした。1列目は座席の上にクッションが置いてありましたが、それを敷いても見にくい、という感じでした。
1階席に降り、ようやく出島がすっきり見えました。オリックス劇場では、ステージ横の花道が客席に向かって斜めに延びており、一番サイドの席だと1m先に花道があるような状況でした。通路も非常に狭く、なだれのように色んな人が通っていくのが面白かったです。
 
1階28列、1階32列、1階33列、2階2列、3階10列(いずれも全席指定)でした。
まずパシフィコ横浜の入場の仕方が面白いことになってました。海側より入場して階段で2階ロビーまで上がり、そこでチケットのもぎりという感じ。1400回記念のボードを見るにはそこから1階ロビーまで下がらなければいけませんでした。テニミュブログの集合写真等を拝見すると1階ロビーのパーテーションの奥で撮られているようなものも多く、場所がなかったのかな…?
21日昼公演までは「2階3階の最前列」のみ着席でしたが、夜公演より「2階席全員及び3階最前列」着席というアナウンスに変わりました。
3階席は私はちょうど出島への直線状の2列目の方も座っていらっしゃったので、ぽっかり出島が見える状況でしたが、メインステージは前の方の頭で少しだけ欠ける、みたいな状況でした。
1階29列は後ろが通路という席でした。通路を使う演出も多く、キャスト同士の掛け合いなども見れて色々と面白かったです。
 
◆グッズの話。
マフラータオルやドリームセット(パンフレット+ペンライト+各校マフラータオル+特典写真)が続々と完売となりました。テニミュではマフラータオルが学校毎に展開されたのも初めてでしたし、テニプリの方でも初期校のマフラータオルが展開されることも珍しいことだそうです。また、特典写真が舞台上での各校の決めポーズの写真で、普通に売ってください!となるやつでした。
ブロマイドはキャラクターショット2枚とキャストショット1枚の3枚組で、HPで公開されていない2枚目のお写真はダブルスペアで対のデザインになっていたり、リョーマは2ndシーズンの同背景の小越リョーマの写真(六角公演)と配置がとっても似ていたりしました。
パンフレットは本公演と同様のA4サイズでした。2ndシーズンのドリライのパンフレットはB4サイズと大きく、遠征先から持ち帰るのも収納するのも困るサイズだったので、とても助かりました!さらに公演パンフレットは1人あたりの紹介が半ページですが、今回は1ページ丸ごととなっており、写真も大きくなっていました。珍しいことに稽古場写真も掲載されていて興味深かったです。後半ページにキャラショットが小さく散りばめられていて、これもブロマイドで売って下さい!?と言いたくなります。とてもいい写真ばかりなんです…!
 
◆キャスト感想
リョーマ(古田くん)
横浜公演中盤から伊武との〈一点集中!〉での「お前をぶっ潰す!」とアレンジが入っていたり、裕太とのダンス対決のシーンでは公演時より少し手が増えていたり、亜久津との〈勇気VS意地〉では亜久津と対峙した瞬間にへっと笑いを挟んでいたり。ライブ用に客席に目線をくれたりもしますが、リョーマと戦ってきたライバルとの戦いを再び表現してくれたという感じで、とても格好良かったです。
20日の横浜公演ではゲストとして登壇された小越さんに対しては、基本的に普段はツンツンしている所が多い古田くんがニコニコで、小越さんの「(リョーマのソロ)良かったよ」という発言に対して「マジですかー!初めてじゃないすか!?良かった、的なやつ!」と全身で喜びを表現してました。可愛い。
古田リョーマと小越さんというツーショットはそれこそ3rdシーズンのお披露目会以来でしたが、あの頃のガチガチの状況とは雰囲気が全く違って感慨深かったです。
また、千秋楽で卒業するキャストから挨拶があり、古田くんは挨拶が進むにつれ涙目になり呼吸を整えていたりもしていて、亜久津役の川上くんに「座長 古田一紀」と声をかけられた際に涙声で返事をし、涙もあふれていました。しかしダブルアンコール後の最後の最後に、スッとリョーマになって「またね」とはけてくれました。そういう時は非常にカラッとしているというか、興行としては「卒業」かもしれませんが、それでも「またね」という言葉にどこか救われるような、そんな気がしました。その前の挨拶で「万感の思いをこめて一言だけ、本日は本当に!ありがとうございました!」とあの場で「万感の思い」という言葉が出てくる古田くんの言語センスがとても好きです。
 
・観月(宮城くん)
〈観月のルール〉の観月さんの衣装がとても美しかった…。赤いコートの腰元はプリーツが沢山入っていて、回転するたびに裾が広がります。後半のソロパートのスクリーンの映像に観月さんの表情が映るんですが、大阪公演で映し出された観月さんの表情がとても良かったです。横浜公演では微妙にアングルやタイミングが違って、上手く表情が見えなかったのは残念でした。
大千秋楽のトークコーナーでお客さんのご指名で登場した観月さんが、泣いている客席の女の子に対して「涙が美しいですね」とアドリブをかけてくれたのも、その彼女が搾り出して発した「好きなお花は何ですか?」という質問も「お花ですか、そうですねぇ・・・バラ、ですかね」と答えてくれたのもなんとも優しさに包まれた空間でした。
大千秋楽の各校代表挨拶も本公演では赤澤役の中尾くんでしたが、今回は宮城くんが担当されていました。慣れてない&涙が出やすいタイプのようで、つまりながらも挨拶をされていて、とても涙を誘われました。
 
・亜久津(川上くん)
カ、カッコ良すぎたんですけど!?
後ろ通路席の際に白い長ラン着た亜久津がすぐそばを通っていって、白ランの亜久津は近くで見るとさらにとってもかっこよかった!大千秋楽では千石とともに全力で壇くんのモノマネをする亜久津という、めったに見れないものが見れました。不動峰との絡みでも可愛らしい面が見られ、ドリライならでは、という感じでした。
大阪初日にはソロ曲中にマイクが外れてしまうアクシデントによりラストのサビを全く歌えなくなる事態も。最初は地声を張り上げて歌っていましたが、次第に客席の合唱となりました。当時の段階ではテニモでしか配信されていない曲を客席が熱唱していて、こうゆう時の客席の対応力もとってもカッコ良かった…!
 
 ***
次はついにやってきた氷帝公演。早いもので現青学の卒業公演となってしまいました。乾先輩の初めての試合です!とっても楽しみです!!
卒業は寂しいけれど、どんな公演になるのか本当にとっても楽しみです。

*1:〈にゃろぅ〉はありませんでした…悲しい

広告を非表示にする